So-net無料ブログ作成
検索選択

Greco EG-420 リペア (1) [Greco]

注文していた部品が揃ったので、リペア開始です。

第一の難関はテールピースブリッジボディーに刺さっているスタッドの交換です。
リペアで検索して調べたら水道管のようなものを使い、スタッドと同じ径のボルトで締めていくことによりスタッドが抜けていくという原理です。
ホームセンターで25円の水道用具コーナーにあった7cmの管を4cmにノコギリでぶった切りました。写っているボルトより短いこと、内径がスタッド直径より少し大きいこと、ワッシャーより小さいこと、このあたりが注意ポイントかな。

IMG_0071.jpg

残念ながらブリッジ・ボルトの一本が固着していて、どうしても抜けないのでそのまま使うことにしました。
一番演奏しているときに目が行くところだけに残念ですが、たぶん右手が当たるところなので汗などでさび付いて固着したものでしょう。

IMG_0073.jpg


塗装などが割れないように少しずつ締めていきます。

IMG_0074.jpg

抜けたら新しいスタッドを打ち込みます。スタッドに木工ボンドを付け、板きれなどを当ててハンマーで打ち込みます。斜めにならないように様子を見ながら。

IMG_0075.jpg

スタッドが入ったので仮に組み立ててみました。

IMG_0076.jpg


ここで、一つ忘れていました。テールピースのスタッドには回路のマイナスアースを繋ぐので、アース線を入れておかなければなりません。慌てて抜いてやり直しですね。

次はひたすらバラします。

IMG_0077.jpg


IMG_0078.jpg

IMG_0079.jpg

ストラップピンは取り替え済みでした。

IMG_0080.jpg


IMG_0081.jpg


IMG_0082.jpg


IMG_0083.jpg


IMG_0084.jpg


IMG_0085.jpg


IMG_0086.jpg


IMG_0087.jpg


ほぼ裸になりました。キャー[がく~(落胆した顔)]

**************************************************

続く

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

Bokkinen

kaycube7さん、こんにちわ〜!
むかぁしプチバンドしてましたがタイコだったのでエレアコは全くわかりません(涙)
レスポールかな〜?と思いましたが違うんですね〜。
by Bokkinen (2014-01-24 19:02) 

kaycube7

Bokkinenさん、こんにちは。
タイコは四肢が全て別の動きをするのでダメでした。
Gibson ES335などのセミアコと呼ばれるギターはほぼ空洞ですが、このGrecoは表の板とボディーの間が少しの空洞なのでほぼ(?)ソリッドの部類に入ると思います。本物のレスポールは全部詰まっているので重さが違いますね。びみょーなギターです。(^_^;
ではでは!
by kaycube7 (2014-01-25 11:56) 

Bokkinen

kaycube7さん、こんにちわ!
若い時は4肢も多少別々に動いたもんですが、今は2指もマトモに動かないですね(笑)
by Bokkinen (2014-01-25 17:04) 

kaycube7

Bokkinenさん同感ですね、留学中の子供と会話はないけどLINEゲームで競っていますが得点が半分しか出ません。…>_<…
by kaycube7 (2014-01-27 14:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。